この話は私が体験した話。
読みにくいとおもう、伝わら無いかもしれない、でも、誰にも話せないからここに書いた。
良かったら読んでほしい、
名前は偽名だ。

この作品のキーワード
汚れ  悔しさ  裏切り  自己中  男恐怖症