「あ!! 門が開いた!」

通りかかった車がスピードを緩めた。

「おっ ラッキー」



都内の一角。
そこは高い塀に囲まれている。

普段なら来るものを拒むように閉ざされている黒い門が、ゆっくりと開いた。

その脇を、止まりそうなほどゆっくりと通る車の中の2人は、
初めて目にする門の内側にはどんな邸がそびえ立つのかと、好奇心に満ちた目を見開いて覗き込んだが

「えーー 道と木しか見えないじゃん」

「すっげーな どこまで広いんだ」

左に曲がっていく石畳の道と
その向こうに広がる林のような庭が見えただけだった。


あきらめたように、スピードをあげて車が通り過ぎてゆくと
扉の中に黒いベンツを吸い込んだ門は、ゆっくりと重たい扉を閉じた。





邸の前で静かに止まったベンツから下りた桐谷遥人の秘書、瀬波は、
足早に邸内に入り、出迎えた使用人に
「社長は?」
と聞く。

「旦那さまは執務室にいらっしゃいます」


KIRITANIの社長であり、この邸の旦那さまである桐谷遥己が今日の午後の便でニューヨークから帰ってきた。

まっすぐに執務室に向かい、
「瀬波です 失礼します」
「はい」
返事を聞いて中に入ると、部屋には机に向かっている桐谷遥己の他、
その机を囲むように第一秘書の津川と第二秘書のKelly(ケリー)がいる。

瀬波はまず深く会釈をした。




週明けから1か月間、東京本社は久しぶりに社長を迎えることになる。

「遥人さまは、例の件で西園寺さまと会食中ですので
 少し遅れます」

「そう」

遥己は穏やかな微笑みを浮かべて頷いた。

「じゃあ 遥人が戻るまでに
 ざっと今の状況を説明してくれるかな」

「はい わかりました」