私は、長谷部まどか

今年大学を卒業して大手の生命保険会社・フェニックスに就職が決まった。

初めての出勤となると特に大切だし、遅刻なんてとんでもない。

なのに…

「嘘でしょーう!?」
何でこう言う日に限って電車が人身事故で遅れるのよ?
最悪…もう間に合わない。

それだけじゃない。

夜は、金縛りに遭いうなされてなかなか寝つけなかった。
それだけでも、遅刻してしまったのに…。

私は、中学生の頃から毎晩金縛りや重い身体に悩まされていた。
震えて動かない身体に…誰かに見られている感覚。

怖い…目を開けるのもそこに誰か居るのだと思うのも
怖い話や幽霊が大嫌いな私に取ったら毎晩が恐怖だった。

今日もそのせいで遅刻に…さらに身体が重い。
「うぅ…もう間に合わない…」

しかも慌てて来たから連絡するにもスマホを忘れる始末。
無事に会社に着いた時には、30分後だった。
もう…ダメだわ。
初出勤にして印象が最悪な状態に。

この作品のキーワード
上司  課長  イケメン  幽霊  住職  大人の恋  オフィスラブ  切ない  胸キュン  家族