「新田さん…、お待たせしました。あれ?」

親父の知り合いになる山本先生から、電話をもらった。

どうも肺のレントゲンで再検査となり、うちの病院でCTを撮って欲しい患者がいるという。

うちの総合病院の場合、こうやって他の個人病院から紹介があった場合は、基本すべて引き受ける。

俺も病院に居る時は、何時でもCTが使える時間帯は引き受ける。

次の日の外来を増やしてしまうより、ずっと効率的だからだ。

CTは大抵ちゃんと各課の担当の先生より、予約が入る。

だからうまく時間の調節が出来る。

まあ、こんな時間の患者は珍しいが。

俺は電話の後、ちょうど部長先生に呼ばれていた。

それが終わると、さっき山本先生から連絡が来た患者が待っている事を受付の職員から聞いた。

かなり待たせてしまったようだ。

慌てて自分の持ち場に戻った。

この作品のキーワード
大人  胸キュン  恋愛  すれ違い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。