今朝もいつもの裏道で出勤だ。

やっぱりいつもの所でいつもの車と遭遇する。

「あっ。」

いつものオレンジの車が強引に突っ込んできた。

おいおい、いつもより強引じゃない。

もう少しで車がこすれるのではないかというくらい接近して来た。

向こうにもう少し寄ってくれたら、楽にすれ違いが出来そうなのに。

やっぱりこの人運転が下手なんじゃないの。

今日は運転席が真横に来るような形になった。

私は思わず思いきりオレンジの車の運手席を睨んだ。

「何を考えているのよ。」

思わず口から出た言葉。

するとその運転席の窓がするすると開いた。

何?

喧嘩でも売るつもり?

この作品のキーワード
大人  胸キュン  恋愛  すれ違い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。