夜でも光が煌めく繁華街…だが、そこはただの表の世界


彼女が活動しているのは繁華街から抜け道を通った先にあるバー

「DarkCat」

彼女はそこで探偵…いや、何でも屋として働いていた。

何でも屋…簡単に言ってしまうと、お金を寄越してくれれば殺しから猫探しまで、何でもする…というような仕事だ。


そんなことが行われているところに客は来るのか…誰しもが思うことだろう。


だが、DarkCatは普通のバーではない。まず、普通の客はやってこないだろう。

なぜなら、そのバーがある場所はそこらのチンピラでは入れない…





裏の世界のバーなのだから。



そんな彼女の仕事を少し、覗いてみるのもいいかもしれない。

  

 
※暴力的又は流血的表現が多々あります。
薬物、飲酒、喫煙等の表現がありますが進めている訳ではありません。
未成年の飲酒、喫煙はしないように、薬物の使用は絶対にしないようにしてください。

苦手な方はブラウザバックをおすすめします。

コメディとシリアスの咲か激しいです。

この作品のキーワード
男装  潜入  いじめ  高校  不良  何でも屋  喧嘩  シリアス多め 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。