「……キスマーク。見えてる。」




翌日。





メルの言葉でハッとする。





「ねぇ、持ってない!?絆創膏!」





「隠すの?やめなよ。余計に目立つ。
……キスマークくらい見せびらかせて歩いたら良いでしょ。男の独占欲なんだから。」




メル、大人だなぁ……。




同い年には思えないくらい大人。




実際、彼氏さんとは一線を越えたり────。




あんまりエロい事は考えないでおこう。





想像するのって、妄想するのと同じから。





「あー、キスマークだ!
蓮見くんともうしちゃったの?」




ユウキ……!




コイツに見られると厄介だな……。





「してな────」





「 あぁ、した。だから、俺の女に話しかけるな。」

この作品のキーワード
日記  恋愛  高校生  遊び人  おバカ  彼氏  キスマーク  浮気  純愛