「あの!私、幸多先輩の事が好きです!!」


夕暮れに染まる、軽音楽部の部室。

私は、前に組んだ手をもじもじさせながら、うつむく。


私達の高校は、坂を上って行った先にあって、校舎の裏には、とってもキレイな海辺がある。それが自慢で、地元では海の高校って言われてる。


一般の人は来ないので、さながらこの高校の生徒のプライベートビーチみたいなものだ。


今日は終業式で明日から夏休みなので、軽音楽部のみんなでこのビーチで遊んでいた。


そして


気を利かせてくれたみんなが、先輩と2人にしてくれて…


今にいたる。

この作品のキーワード
芸能人  恋人  切ない  すれ違い  別れ  プロポーズ  短編