コテージの部屋に戻ると、ベッドに倒れ込む。


私達これからどうなるの?


本当はずっと考えていた。


このまま私達は続いていくのだろうかって。


幸多の事は今でも大好き。


でも。


私と幸多には、れっきとした差が出来てしまった。


私の存在が、幸多の足枷になっているんじゃないだろうか。



夢を追いかけて実現していく幸多に私は見合っていないんじゃないか。


なにより。


今まで普通に付き合っていけたのに


隠れて付き合っていくことが


やっぱり辛いよ。



幸多ごめん。なんか私、辛いよ…








この作品のキーワード
芸能人  恋人  切ない  すれ違い  別れ  プロポーズ  短編