あれから、幸多とは連絡を取っていない。


ライブが終わって一度


『別れよ。これからも応援してる。ありがとう。』



とメールしてから連絡してない。


幸多からは何度か着信もあったし、メールもきた。


電話も取らなかったし、メールも開かずに削除した。



ここまでやれなきゃ、幸多と別れることなんて出来なかった。


油断すれば涙は出てくるし、『会いたい』って言ってしまいそうだし。


今日だってそうだ。たまたま幸多達の曲を聞いただけで泣きそうになる。


幸多と通った道、店。


幸多と過ごした地元は、幸多との思い出でいっぱいで。


「はぁーもう。地元つらー。」


私は鼻水をすすりながら自転車をもうダッシュする。


カフェに着くなり私の顔を見た山下さんに、

「ひっでぇな……」


と言われてしまう。


幸多と別れてから山下さんに正式に告白されたけど、誰かと付き合うなんて考えられなくて断った。


山下さんは、「焦ったかー。」なんて言ってたけど、前と変わらず優しくしてくれる。


「……なぁ。そんなに辛いならなんで別れたんだよ。」


山下さんが聞いてくる。


「何ででしょうね。もぅ私にもわかりません。」


あれでよかったのかなんて、わからない。


でももう、結果として終わったんだ。


もうきっと幸多とは二度と会わないのかもしれないな。


この作品のキーワード
芸能人  恋人  切ない  すれ違い  別れ  プロポーズ  短編