とある事情で次から次へと
男を取っ替え引っ替えすることで
有名な女子

如月 朔乃(きさらぎ さくの)


×


地味でおとなしくて暗い
いつも隅っこにいるようなメガネ男子

有明 陽(ありあけ よう)



「あの……き、如月さん。
僕の“先生”になってくれませんか?」


席替えで隣になったのをきっかけに、
彼があたしに頼んだこととは。


「ええっ!?
あたしがあんたの
恋愛の“先生”!?」


放課後、誰もいないこの教室で、


あたしと彼の
秘密の恋愛授業が
始まることになったのです……。



「あたしは背中を押すことを決めたの 。
それが、“先生”として、
陽にしてあげられることだと思ったから」







2015.10.4
完結。


2015.10.4
タイトル変更致しました。



この作品のキーワード
家族  初恋  放課後  片想い  チャラい  地味  先生  切ない  胸キュン  ドキドキ