「そこの女。
 俺と結婚してくれないか」

 幻聴を聞いた、と天野莉王(りお)は思った。

 会社の渡り廊下を台車を押して歩いていたときだった。

 振り向くと、何処かで見たようなイケメンが倉庫の戸を半分開け、中から手招きしている。

 今の声とこの人は関係あるのだろうかな。

 そんなことを思いながら、大真面目な顔をした彼の許に近づくと、いきなり中に引っ張り込まれた。

「いたたたっ。
 なんなんですかっ」

 手を離した背の高いその男は、ダンボールの詰まったスチール棚を背に腕を組んで言う。

「俺は、システム運用部の卯崎允(うさき まこと)だ。
 初めまして」

 狭い室内にその男の声はよく響いた。

「は、初めまして」

 急に丁寧になったな、と思っていると、彼はまるで何かを読み上げるかのように言った。

「初めまして。
 俺と結婚してくれないか」

 初めましての次がそれはおかしいだろう、と思いながら、無駄に整っているその顔を見上げていると、彼はいきなり、

「名前は」
と言ってきた。

「は?」

「お前の名前だ」

この作品のキーワード
和風  大人の恋  ほのぼの  イケメン  オフィスラブ  ラブコメ  プロポーズ  大人  結婚  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。