いや、名前も知らないのに、結婚してくれってどうなんだ、と思いながらも、狂人相手に我を張るのも怖い、と思い、素直に名乗った。

「天野莉王……」

「天野、どんな字だ」

 軍隊か、此処は、という勢いだった。

「空の天に野原の野、くさかんむりの莉に……

 王様の王です」

「王様の王か」
と允は繰り返し、笑う。

 うわーっ。

 それ、言われたくないんだけどっ。

 うちの親が、なんか立派そうだから、というロクでもない理由で当てた漢字だ。

「……なんですか、うさぎさん」
と言ってやると、允はカチンと来たようだったが、そのカチンと来た顔のまま言ってきた。

「王様、俺と結婚してくれ」

「厭です、うさぎさん」

 既に交渉は決裂している感じだったが、とりあえず、訊いてみた。

「なんで私と結婚しようと思ったんですか、うさぎさん」

「うさきだ。

 お前に霊が見えるからだ」

 少し、気が遠くなってきた。

 いや、まあ、さっきからそうなんだが。

この作品のキーワード
和風  大人の恋  ほのぼの  イケメン  オフィスラブ  ラブコメ  プロポーズ  大人  結婚  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。