「うちの実家は寺なんだ。

 たまに霊障相談が来るんだが、霊が見えないので、どうしていいかわからない」

 いや、それで?

「そろそろ実家に戻って、休みの日には坊主の仕事もしろと言われているんだが、やる以上、半端なことはしたくないんだ」

 大抵の坊主は霊は祓えないと思いますけどね、と思いながら聞いていたが、口は挟まなかった。

 これ以上、面倒なことになるのも厭だったからだ。

「寺に戻るのなら、身を固めろと、檀家さんは勝手に見合い話を進めてくるし」

「そりゃまあ、奥さん居ないと大変ですよね、たぶん」

 住職に妻が居ないと、うまく寺の中から回らないだろうな、とは思うが。

「こういう人間は放っておいたら、いつまでも結婚しないから、駄目だと言われたんだ」

 同感だな、と思った。

 なんて見る目のある檀家さんだ。

 何かこう、このひと、そういうことに向いていない、と思う。

 さっきの告白からしても。

 嘘でも、ずっと見てましたくらい言えばいいのに。

 女心もわからないうえに、特に恋愛にも興味なさそうだ。

この作品のキーワード
和風  大人の恋  ほのぼの  イケメン  オフィスラブ  ラブコメ  プロポーズ  大人  結婚  俺様