優哉達が付き合いはじめて
数日たったある日こと

私は花音に呼び止められた。



「ねぇ 亜莉紗。
ちょっと用事頼んでもいいかな?」

「えっ 別にいいけど…。」

「これを優哉に渡しといてくれない?」

 

そう言って渡されたのは
優哉宛ての手紙と“ビターチョコ”




「えっやだよ。
そんなの自分で渡せばいいじゃん!」

「それが今、ちょっと用事あって…
だから亜莉紗、おねがい☆」

「…わかった。
じゃあ優哉に渡しとくね。」

「うん。ありがとー♡」

 

そう言うと花音は自分の
クラスにもどって行った。




―――そういえば優哉“ビターチョコ”
   苦手だったよな…。




この作品のキーワード
チョコ  チョコレート  短編  幼なじみ  片思い  両思い  三角関係  失恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。