―――優哉達が付き合って
  3ヶ月がたとうとしていた。
 
 
そんなある日のこと…

私は優哉の様子がおかしいことに気づいた。



「ねぇ 優哉。どうしたの?」

「………。」

「ねぇ 優哉! 優哉ってば!!」

 

優哉はいっこうに話そうとしない。



「…もしかして花音と…」

 

そのときだ。

私が“花音”と
口にしたとたん、優哉がこっちを向いた。  

そして今にも
泣き出しそうな顔で私を見た。



「亜莉紗…オレ
オレ……花音にふられた。」

 


〝フ・ラ・レ・タ〟




その言葉が何度も私の頭の中をよぎる。





この作品のキーワード
チョコ  チョコレート  短編  幼なじみ  片思い  両思い  三角関係  失恋