「ねぇ、早く芽衣子も食べて!お兄さんの杏仁豆腐!!」


あー、もうこれ確実お父さんをイジメてるな。


〝お兄さん〟って、強調してたし…。


しかも〝お兄さんの杏仁豆腐〟って!!なんかチガウ!


でも、店を出てからずっと気になってた杏仁豆腐。


お父さんのことは、放っておこう。と、フィルムを剥がし、スプーンで少しすくうと、それを口に運んだ。


「……!おいしー!」
「でしょでしょー!?美味しいよねー!!」


もう、お母さんじゃない。オンナ友達だよね、このノリ…。


でも、ホントに美味しかった。舌触りもよくて、杏仁豆腐独特の、この味がたまらない!


「わたし、プリンより好きかも…」
「うん、お母さんもー!!」


やっぱり、お母さんもか。ふ、と思わず笑うと少しの間黙ってたお父さんが、口を開いた。


「お前ら、プリンも食べたのか…。オレだけ仲間外れにしやがって…」
『あ…』


思わず、お母さんと言葉が重なった。