無言で車へと戻る道を進むが、今向かってるのは裏口。


車を停めてあるのは、正面。




……呼び出すか




そう考えた俺は、ポケットからスマホを出し、門の前にいるてつに電話をかけた。




て『あ、怜香さんっすか?』



「……車、裏口」



て『あ、了解しましたっす。すぐ行くっすね』



「………<ブチッ>」




2コールもしないうちに出るのはさすがてつだと思う。



俺はてつの返事を聞くと無言で電話を切った。


この作品のキーワード
暴走族・組  全国・世界1  女嫌い  過去  裏切り  復讐  最強  殺し屋