朝日が昇ってくる。夜明けだ。

それは戦いに終止符が打たれた印のように思えた。

怠惰だよこれは、と水無月に言われながらも鬼の身体能力で跳躍して移動しながら、露李は目を伏せた。


いつか、自分も自我を失ってしまうのだろうか。

怒りと憎しみで一度、我を忘れた。



それに──私は、一族殺し。

両親は死んだんじゃない。

親戚たちは死んだんじゃない。

私が、殺したんだ。

皆が優しいから、今が幸せだから、忘れそうになる。





私は─────危険だ。




自分で出した結論に、露李は唇を噛んだ。


「露李ー!何かいっぱい人がいるんだけどよー!」


下から木材を沢山抱えた結が叫んでいる。


「みんなっ、みんな、大丈夫でしたー!」


「下りてこーい!」



笑顔で答える。


─私が皆を守る。



それだけは曲げないと、密かに誓った露李だった。


明るくなってきた空。


風花が、ちらちらと降ってきていた。



この作品のキーワード
守護者    和風    闘い  逆ハーレム  溺愛  色々じれじれ  戦う  ヒロイン