*・*・*


「露李、顔ブッサイクだぞ」


山を下りながら結が露李の頬をつついた。


「う、うるさいです!」


かれこれ三十分は泣き、しゃっくりが止まるのを待って三十分。

計一時間を守護者たちは文句も言わずに待ってくれていた。


「大丈夫です、露李先輩。いつもお綺麗ですよ」


静の言葉に周りの気温が三度下がったような気がした。


「な、何で皆その反応なの?」


緊張感や建前が全て無くなった露李の声は晴れやかだ。


「いや、」


視線を向けられた疾風が言葉に詰まる。

「何よ」


強気な露李が衝撃的だったのか、目に見えて固まる疾風。


「お、お前…そんな性格だったか?」


「おー、こいつは本当はすげー強気なやつだぞ!そして変わってる!」

結が事も無げに答えた。


「どういうことですか結先輩!私、そんな変わってる自覚ありません!」


「水無月みたいなあっからさま強そうな敵に『どっからでもかかってこい』だぞー?」


「…恐ろしいな、真似できねぇわ」


「だってあの時は混乱してて!ていうか理津、恐ろしいって何」


「まんまの意味だろ」


「理津。真似はしなくていいと思うぞ?」


疾風が真っ当なことを言う。


「疾風まで!」


「皆さん止めましょうよ、露李先輩はいつでもお綺麗なんですから。気にしないでくださいね、先輩」


──周りの気温が三度下がったような気がした。

気のせいだと思うことにした。


「ありがとう静くん!」


「静、お前はものすごく趣味が悪いな」


「ちょっと疾風、それはどういうことなんだろう」


「大丈夫、お前の耳は正常だ」


「なっ!!」


「はいはい皆その辺で。夜だし迷惑だよ?それに露李ちゃんは泣いた後なんだから叫んだら声嗄れちゃうよ」


エスカレートしそうな言い合いに終止符を打ったのは勿論、文月だ。


今度こそ静かになって歩き出したところで、露李がぴたりと足を止めた。

お決まりのように守護者たちが振り向く。

「どうしたー、露李?」

急に自信がなくなった。

ずっと疎まれてきた自分の性格。

こんな中途半端な所で出して、嫌われてしまったかもしれない。

私の存在価値は【いい子であること】だったのに。

もう私はいい子じゃない。

でも、この人たちに偽りの自分は見せたくない。


「私、こんなので良いの?」


「それで良いんだよバカ」

「自然なお前が一番だ」

「面白ぇしな」

「ほんと、面白いしね」

「どちらの先輩も素敵です」


すぐに返ってきた答えに安心する。


「置いてくぞバーカ」


結の言葉で、露李は笑顔で五人を追いかけた。

この作品のキーワード
守護者    和風    闘い  逆ハーレム  溺愛  色々じれじれ  戦う  ヒロイン