○深月 華
●及川 隼哉






あの夜の思い出だけでいいって、思ってたのに。

及川に忘れられたって、私だけ覚えてればそれでいいって……だから、嘘をついたのに。


「あの時の事、本当に覚えてねーの?」

「あれから三週間経つって知ってたか?」


本気で女を好きになんてなれないくせに。


「今でも俺の事好き?」


なんで、そんなこと聞くの。


「及川は、ズルいよ」




2015.7.26   start
2015.12.4   end

好評発売中

あらすじを見る
銀行で働く華は、飲み会の後酔った勢いで、かねてから想いを寄せていた同期の及川と一夜を共にしてしまう。そのことが原因で“仲のいい同期”という関係が壊れるのを恐れた華は、翌朝なにも覚えていないふりをする。しかし、「本当に覚えていないのか?」と色気たっぷりに迫ってきたり、独占欲丸出しでアプローチしてくる彼に、忘れるどころかどんどん心が浸食されていき…。「お前が好きだ」――思わせぶりでイジワルな同期の不器用な溺愛に、華は陥落寸前で…。大人のジレ恋オフィスラブ!
この作品のキーワード
同期  オフィス  片思い  告白