「とりあえず昼までにうちに来いや。それがリミットで、時間が来たら警察に被害届を出すからよ。じゃあな」


エルゴンは自分の自宅の住所を書いたメモを机の上に置くと、そのまま教室を出て行こうとする。


「オイ! 待てよ!」


晃司が怒鳴ったタイミングで、新担任の藤本が教室に入って来た。


「オマエらデカい声を出して何やってるんだ?」


「別に何も」


エルゴンがそのまま、藤本の横をすり抜けながら答える。


「オイ! 何だオマエのその顔は? ケンカか?」


「ケンカじゃなくて、一方的に殴られたんですよ。ってことで、治療の為に帰ります」


エルゴンはニヤリと微笑むと、引き止めようとする藤本を無視して、教室を後にした。