みんなの心証を悪くするのは得策ではないのに、冷静になれなかった。


「何ですって! アンタが死ぬまで終わらないんでしょ!」


ところが、それに対して、涼花も負けずに言い返す。


「オマエら止めろって言ってるだろ!」


藤本が怒鳴って、その場は何とか収まったけど、クラスの中はずっと空気が重いまま一日が過ぎた。


その後も明里は、まるで選挙前の政治家のように、クラスのみんなに今夜の投票を涼花に入れるように訴えたけど、逆にそのことで反感を買ってしまったような気がする。


明里は精神的にどん底の状態で、深夜を迎えた。


スマートホンの時刻が0時を回る。ところが、あの画面が現れない。


一分経ち、二分経っても画面は変わらないままだった。