ナニイッテルンダロウ、コノヒト。

昔から恋愛というものに縁がなかった私は、産まれて初めて聞く言葉の羅列を、もう理解しきれなくなっていた。

初対面なのにプロポーズ。

誰が本気だと思うだろう。


「どうして……?」


混乱する頭でやっとそれだけ質問すると、新城さんは王子と呼ばれる甘いマスクで言い放った。


「お前が、好きだから」


好き……すき……スキがあったから?

いや、違うか。そんな聞き違いないよな。


「……嘘です」


出会ったばかりで好きとか結婚とか、もしかして新城さんは頭がおかしいのではないだろうか。

と思う一方で、初めて男性にそんなことを言われたという驚きで、不本意ながら胸が高鳴る。

高鳴って、いるのだと思う。ドキドキして息苦しいのは、決して老人性の動悸ではないと……思う。


「ウソじゃねえよ。一目惚れってことにしておく」


ひとめぼれ。

ごめんなさい。同名のお米のブランドしか浮かばない。


それ以上反論する気力を失った私は、トイレに行くと言ってその場から逃げた。

少し頭を冷却してから戻ると、新城さんはきっちりとシャツのボタンをしめた姿でいた。

その後は、さっきのことなど何もなかったかのように、毎日の任務に関する説明をはじめた。

もしや、さっきのは幻?

いや、あんなリアルな幻があるわけない。

いったい何だったんだ……。

私は心の中で思い切り頭を抱えた。

ああ、どうしてこんなことに。

せっかく憧れのSPになれたというのに、突然ものすごく、仕事がしにくくなってしまったじゃない……。