心地良い浮遊感に小さい頃の夢を見た。

目が覚めた時には、そんなものはどこにもない。

そう、 10年の歳月は俺にも彼女にも流れていた。

もう目を背けることはできない……

彼女への想いを捨てることなどできないのだから。





この作品のキーワード
幼馴染  片思い  三角関係  失恋  悲恋  大学生  後悔  愛憎  狂愛  男目線