★★★★★
切なく、悲しく、ヤルセナイ・・・。
自分が物語の主人公になった様に話に入り込んでしまって、読み進める程に迫ってくる恐怖。人を思いやるがゆえの行動の悲しさ。そして報われない想い。一番可哀想なのは残ってしまった先輩なのかもしれない。
ダリル
16/04/25 19:27

>>新着レビュー一覧へ