私がカフェの店員になったのは

昔からの夢だったから

でも


あの夢には続きがあった。


『貴女を注文させて下さい。

好きです。』


と、告白されるシーンを夢見てたから




今となってはないとわかってる。
それでも、この仕事は好きなの



そう思ってたら

え?

あの夢が現実におきちゃった!!?





この作品のキーワード
恋愛小説  喫茶店  紅季華  カフェ  小説家  イケメン  告白  眼鏡男子  キス  大人の恋