「あ、ちょっと!
待って、バカ!」

あきは小走りで
カズの背中を追いかけた。