ーあの日のこと、今でも鮮明に覚えてる。

だって、忘れられる筈がないもの。ー

目次

この作品のキーワード
純愛 切ない  泣ける