どうしよう。

心臓の辺りが痛い。

物理的な痛みじゃないのに、ぎゅうっと音がしそうだった。

苦しくて、
はあ、と大きく吐いたため息は
誰に聞かれることもなくぬるい空気に溶け込んで、

ちら、と屋上の扉を振り返った。


『俺今、すっごいさみしー…。』


手のひらで掬ったこげ茶色の髪は
見た目通り柔らかだった。

あの消え入りそうな声は本当に
眠気だけのせいだったのだろうか。

なんて。


頭の中でぐるぐると。



『俺今、すっごいさみしー…。』



ぐるぐると。