扉を振り返りながら、私は慌てて起き上がる。

だって屋上にいるのが先生に見つかったら
今度こそ鍵をかけられたりするかもしれない。

五十嵐と一緒にいられる特別な場所なのに。

そんな私の心配とは裏腹に
入ってきたのは金髪の男子生徒。

ギラギラ周りを見渡すつり目と耳に空いた大量のピアスを見て
ドキッと嫌な方の鼓動が鳴る。

彼は全く私が見えてないみたいにズカズカこちらへやってきて

一直線に五十嵐の元へ。

しゃがみこんだと思ったら、あろうことか五十嵐の頬をペチッと叩いた。