「……だって、寂しいよ。」

「俺だって同じだよ。」

違うよ、全然違うんだよ。

私の五十嵐への寂しいとは、種類が違う。

「この歌、確かYou take my breath away.だったよね?」

頷くと、五十嵐はメモ用紙を取り出してそこにYou take my breath away.と書き込んだ。

「北海道でさ、CD探してみるわ。
買ったら毎日聴くし、聴くたんびにみっこのこと思い出すよ。
…そしたらさ、なんか寂しいのもマシにならない?」

ね?と覗き込んでくる五十嵐が、あまりに綺麗だったから
私は、こくこくと頷くことしかできなかった。

「…私も、毎日聴く。」

「はは、うん。そうして。」