★★★★★
君に永遠を与えられたなら
生を失った少女
彼女を喪った少年
彼女と唯一繋がれる少女
彼らを支える少年

四人が過ごす一夏は彼等が抱えるには、余りにも切なくてだからこそ一際に輝かしい。

終わらない夏はないし、永遠の命もない。でも彼等はそれを永遠に変える術を見出すのです。

少しのエゴとそれを受け止める大きな優しさと、希望に満ちたお話です。若い世代にこそぜひとも読んでいただきたいです。

黒原紫音
15/09/06 18:13

>>新着レビュー一覧へ