★★★★★
「ねえ、彼に伝えて」
事故で美月が命を落としてしまったことからはじまった、ひと夏の物語。
それはとても儚くて、悲しくて。
だけど何にも代えられない、キラキラした、毎日だった。


──どうか、4人が幸せになれますように。
気付けばそう祈るように読み進めていました。
みんなの想いがまっすぐで。あたたかくて。とても、優しくて。
悲しみよりも心があたたかくなって、ラストに進むにつれて涙が止まりませんでした。

こんなにも心を震わせる物語を読めて、幸せ。
そう思わせてもらえる、素敵な作品でした。

ぜひ、ご一読ください!
日生春歌
15/09/10 00:37

>>新着レビュー一覧へ