軽い気持ちだった。

まさか……
こんなに気になりだすなんて…
思ってもみなかった



友達という枠組みに入れ
寂しさを埋める為に利用した

なのに、
いつの間にか……
惹かれていた。


どんどん心を持っていかれた



貴方が頑張るから
私も頑張ろうと思えた


貴方が頑張るから
私も頑張れた




貴方の前向きな力を少し借りたい
そう思っていたのに、、、

どんどん私の心は彼に奪われていった。







好きなのかもしれない?

大好きなのかもしれない?

だけど…
私は「愛してる。」がわからない



貴方は、
私に「愛してる。」を教えてくれますか?











この作品のキーワード
チャット  出会い  秘密    恋愛