「ごめん、それは分かんない」

 心晴は即答し、愛菜も困ったように笑っている。

「でも、どうしてプリンなの? 作るの?」

「作ってほしい、って言われたんだけど……」

 千紘と会ってから、もうすぐ1週間が経とうとしている。明後日には土曜日。

(ホントに来るのかしら?)

 来ない確率の方が高いと分かってはいるのだが、こうしてプリンの作り方を思い返している自分。
 これはなんと言うか……。

「滑稽だわ。……何? どうかしたの?」

 心晴がニヤニヤとこちらを見てくるので、ちょっとイラっとした。

「誰に言われたの? 男? 男か?」

「……まぁ、男、よね」

「ホント!? どんな感じの人? 年上?」

 愛菜も食いついてきて、千世は若干、驚いてびくつく。

「と、年下だけど……」

「年下? ダメダメ、年上じゃないと。あんたには、大人の包容力がある人じゃないと」

「そんなことないよ。年下でも、しっかりした子多いもん」

「…………」

 その瞬間、千世は気づいた。
 こいつら、何か勘違いしてるな、と。
 けど、面白そうなので放置することにしよう。

「で、実際はどんな人?」

「……生意気」

 どこで聞いたのか忘れたが、嘘をつく時は少しだけ本当のことを混ぜるといいと言う。
 けどそもそも、自分は嘘をついているわけじゃない。本当のことを、あえて言わないだけだ。