残酷で皮肉で滑稽な事実ながら

無償の愛こそ

人間だと思うのです


目次