【U TA GE】の定休日は火曜日だ。

昨日からよく眠れず、朦朧と夜を過ごしてしまった私は、薄目を開けてぼんやりとカレンダーを眺める。

間違いないよな、火曜。今日だよね。

あの誘いはデートと解釈していいのか……って、いいわけないじゃん。

いかにも冗談っぽかったし、だいたい私と店長の歳の差は十七歳もある。
下手したら私は彼の子供でもおかしくない歳だ。

だからといってあまりにも子供っぽい格好はしたくない。
手持ちの服の中で大人っぽいものって言ったら、就活の時のスーツだ。……って、それはそれでちがーう!



「……馬鹿じゃないの、私」


散々悩んで、出かける時間が近づくと今度は諦めが襲ってきた。

どうせ、どんな格好したって店長が気にするわけ無いじゃん。
私ってばなーにを緊張しているんだか。

いつもの格好でいいや。

髪は数年前からショートヘアにしている。毛先をいじってみたところで、大人っぽくはならないな。


結局、持っている中では比較的おしゃれに見える藤色の七分袖カットソーにパンツといういつもとあまり代わり映えしない格好になった。
まあジャケット持っていけば、それなりに大人っぽくは見えるだろう。

五月の日差しは真夏のそれと同等だというし、暑いのにジャケット持ってる言い訳にはなるだろう。

この作品のキーワード
大人の恋  年の差  独身貴族  飲食店  溺愛  不器用  運命  言いなり  過去