「なんだよ。どうせ着替えるんだからいいだろ。今度着てこいよ」

「あ、はい。店に……ですね」

パニクって上がったテンションがスッと下がる。
何の勝手に盛り上がってんの私。恥ずかしい。馬鹿じゃないの。


「……着替えてきます。……ごほん」

「ん? つぐみ風邪か?」

「あ、すみません。ちょっと喉が痛いだけなんですけど、マスクしたほうがいいですか?」

「咳が出るんじゃないならいい。ひどくなるようなら言えよ。誰かと交代させる」

「そこまでは大丈夫です」


その誰かは数家さんに決まってるし。
ただでさえ忙しい人の負担はこれ以上増やしたくない。

事務所に入り着替えをして、エプロンのポケットに一応のど飴とマスクを入れる。


「よし、頑張るぞ」


頬を軽く叩いて気合を入れる。

昨日、店長への恋愛感情を自覚して軽くパニクったけれど、大丈夫だ。何にも変わらない。

店長だっていつも通りだし、私が挙動不審にさえならなきゃ大丈夫。

下手に告白なんかして、振られたりとか遊びで付き合われたらもっと辛いじゃん。
今の関係が一番いい。

仕事で彼の傍にいられる。
彼の料理を、沢山の人に提供して、自分でも傍で堪能できる。

私はそれで充分だ。

この作品のキーワード
大人の恋  年の差  独身貴族  飲食店  溺愛  不器用  運命  言いなり  過去