「キス、してもいいですか」



「ボクの何がいいんですか」

「富岡さんのツレナイところ」



私の大好きな院生の先輩は、だいぶ変わった人だった。


 上唇のすぐ右上にある大きなホクロ。

 それが彼のトレードマーク。

 

 愛しくて 愛しくて たまらない。


私だけに見せてほしい。


本当のあなたを…―――――。




この作品のキーワード
ホクロ  大学生  大学院生  キス  眼鏡  サークル  夏休み  合宿