私がいくらあなたに好きだと言っても、
あなたは私の本当の気持ちに気づかない。

 

あなたの隣に並びたいといくら願っても、
この小さな願いは絶対に叶わない。
 
 
分かってるよ。
本当はもう、諦めなきゃいけないって。
 
 

……そう、だからこれが最後。






「好きだよ……お兄ちゃん」


×


「どうしたんだよ、お前」










(嗚呼、この群青の想いに)
(愛の終止符を打てるのなら)