リクエストして下さった読者様、ありがとうございました。

お礼の気持ちを込めて、小話をひとつだけ追加させてもらいます。




◇◇◇


11月下旬。

葉月部長と出会ってから、一年があっという間に過ぎ去っていた。


平日の私達の関係は、あくまでも上司と部下。

甘さはごく控えめで、日々忙しく仕事に邁進している。


その分、休日のふたりの時間は、とても甘くて……。



今日は日曜日。

葉月部長のマンションにお泊りした私は、彼の隣で目が覚めた。


まだぼんやりしている視界に、美しい筋肉質の半裸と綺麗なブラウンアイズが映る。



「円香さん、おはようございます」



目覚めの挨拶に返事を返そうとしたけれど、その前にハッとして、慌てて毛布を肩の上まで引き上げた。


葉月部長だけじゃなく、私も服を着ていない。

昨夜ベッドに入る時に着ていた部屋着は、今はベッドの下に落ちている。


恥ずかしがる私に葉月部長は、笑いながら服を拾って渡してくれた。



その後はふたりで一緒に簡単な朝食を作って、ダイニングテーブルに向かい合う。


温めたクロワッサンとベーコンエッグ。

グリーンサラダにフルーツ。

色違いのマグカップには、彼が入れてくれた湯気立つ珈琲が。



ああ、幸せだな……。

そう思っていると、葉月部長は窓の外に視線を向けてから、私に言った。



「天気も良いので、今日はどこかに出かけましょうか。行きたい場所はありますか?」