窓 優菜 美々

窓 瑠 敬太

窓 私 裕太 奈々

窓 海斗 翔太


って感じのせきだ。しかも、こっち見てたし‼最悪‼てか、いるし!サボってろよ!
はぁー、多分見物か……。

「帰ろ。あの席ぜーったいやだ!(ボソッ)」

真理「アハハ……。あそこになったのは、晦龍がここにしろって……。」

「いやだ!私が……「おおー!来たのか‼」誰だよ?」

真理「担任だよ?晦龍の先代……」

「知らない!てか、あの席やだ!(ボソッ)」

優菜「おねぇーちゃん……」

「あんな奴等の隣に誰が座るかっつーの(ボソッ)」

担任「は?なんかいったか?」

今までの会話聞こえてなかったのか?耳わる!

真理「相当なお怒りですな。担任の佐当颯(サトウハヤテ)先生だよ?通称はやせん」

「…。優菜…美々ちゃんと教室入ってて‼美々ちゃんお願いね!」

呼びたくねぇー。

颯「席座れ?……な?」

……………うざい。

「真理、玲音、類、嵐ありがとうね。」

真理「気にしないで!」

二人「「いえいえ~。」」

嵐「そのかわり……「いや。」」

座るしかないか…

テクテクテク ストン

この作品のキーワード
双子  元姫  裏切り  暴走族  イケメン  無自覚  天然  女総長  泣ける