無言で別れようとは思っていなかったけれど。

せめて、まだ……話し合えそうな気がしていたのに、話もできる感じじゃないし。

私ね、就職決まったよ。

研修も始まるし、大学には卒業式以外にもう行かない。

会社に近いマンションに引っ越するけれど、私の部屋の鍵は渡していないから問題はないよね。

普通なら、こんな話はこんな時に思うのではなく、就活中に話すことだと思うけれど……。

寂しかった。

寂しくて、寂しくて……自分で自分が嫌な女になっていくのが解った。

だから、さよなら。

鍵を新聞受けに投げ入れて、ガチャンと鉄が鉄にぶつかる音が響いた。