「それで、私に“今さら”話したいことって何」

イッキ飲みした私にポカンとしていた翔梧が、ふっと笑ってビールを一口飲んだ。

「まぁ……それは改めて、かな?」

「話してよ。聞くから」

ジロリと睨んだら、首を振られた。

「攻撃的になってる真由には言いにくい。原因は俺だが」

「別に、あなたにだけ責任を押し付けるつもりはないわよ」

店員さんを呼び止めて、ビールの追加を頼むと、無表情の翔梧を振り返る。

「つきあっていたんなら、どちらか片方だけが悪いなんて事はないし」

たぶん、もっとハッキリと“寂しいから”一緒にいて欲しいと言えたなら、翔梧も振り返ってくれたかもしれない。

だって、基本的に優しい人なのは知っていたもの。

だけど、寂しいとまでは、私も言わなかったよね。

「やっぱり楽しくないよ。やめよう。昔の話は」

「いつかしないと、始まらなさそうだがなー?」

ネクタイを緩めながら、翔梧は呟いて、それから気を取り直したように眉を上げながら笑う。

「口説かれてくれるのか?」

「それは了承したつもりはないよ」

「つぅか、気がついたけど、お前って、案外口悪いんだなー?」

「まぁね。そういう翔梧もミーティング中は眼鏡かけて、無言じゃない」

「そりゃお前、課長はまとめ役ってやつだよ。中間管理職なんだから」

ビールと一緒に頼んだ食べ物たちが届いて、食べながらそんな会話をする。

友達……なら、翔梧はつきあいやすい人なのに。

そんなことを思いながらも、楽しく飲める私も現金な人間だと思う。