でも……手を繋ぐなんて、付き合っていた当時もやったことないのに。それを平気でやってしまう。

この人はいったい何なんだろう。

ぼんやりしていたら、またキュッと手を繋ぎ直されて、顔を上げたら、はにかんだような微笑みが返ってきた。

……嬉しそうだね。

なら、いいか。

翔梧の笑顔は嫌いじゃないし。

……と言うか、拒否していたらどんな計画を立てられるのか、うっすら背筋が寒くなるし。

「何が欲しいの?」

聞いてみたら、翔梧はスニーカーを指差した。

「靴。靴底がすり減って歩きにくい」

「営業でもないのに、翔梧はアクティブな課長さんだね」

「いや。普段は書類決済してる事の方が多いけど、たまに砂川さんに子守りに駆り出されんだよ」

子供たちに囲まれている翔梧を想像して眉をしかめる。

「翔梧が子守り?」

「あやすのうまいぞ?」

全然、想像できないけど。

でも、そんな事を話しながら靴を選んだり、駅前に並べられている雑貨屋の、おかしな人形に笑ったり、10代の子が多いなかクレープを買ってもらったりした。

「真由は結構な甘党だよな」

「悪い?」

定番のチョコバナナクレープを食べながら翔梧を睨むと、何かを思い出したように肩を震わせて笑っていた。

「……どうかした?」

「いや。昔、うちの冷蔵庫にあったプリンは、いつも賞味期限切れなかったな……と、思ってな」

「プリン……」

思い出したのは、翔梧に“待っていろ”と言われて、待っていた時の事。
家に行くと、必ず1つポツンとプリンが置いてあった。

それを暇だから食べて、変わりに同じものを買って戻しておいた。

まさか賞味期限チェックされていた?