ブラブラする足が落ち着かない。と言うか怖い。慌てて翔梧の首にしがみつくと、そのまま抱き締められて瞬きする。

「ちょ……っ」

言いかけたら、柔らかいものが唇に触れて黙りこんだ。

それを翔梧は小さく笑って、今度はゆっくりと近づいてきたから、目を瞑ると唇が重なった。

暖かい……。私、翔梧とキスをするの好きかも。

月明かりに照らされて、何度もキスを交わし合ううちに、次第にそれが深く激しくなっていって、息苦しくなってくる。

きゅっと、翔梧のシャツを掴んだら、最後に舌を甘噛みされて離れていく唇。

目を開けると、真面目な顔をしているけれど、どこか困ったような表情が見えた。

「真由……」

「うん?」

「付き合ってくれるか?」

静かな声に頷いて、それからストンと下ろされた。

それでもお互いに抱き締めあったまま、しばらくしてから翔梧がポツリと口を開く。

「……できる限り一緒にいるから」

「……翔梧」

胸元にピッタリとくっついていたら、とても解ることがひとつある。

「脈拍、超早い」

「頑張ってキメようとしてんだから、それは言うんじゃねーよ」

ふて腐れながら言うから、思わず笑ってしまった。

「全然、キメ台詞になっていなかったけど?」

「ひでぇ」

ますますふて腐れた翔梧と手を繋いで、コテージに向かって歩きだす。

近くになってテラスを見上げると、部長さんが缶ビールを飲みながら片手を振っていた。

「仲直りできたみたいだな」

翔梧と顔を見合わせると、どことなく恥ずかしくて、お互いに視線を逸らした。

「……まぁ、今度、ふたりで改めて挨拶しにこい。仲人くらいはやってやるから」

その言葉に私も翔梧もぎょっとして、部長さんを凝視する。

「なんだ。まだか……さっさとモノにしないと、お前の事だからまた逃げられるぞー?」

「砂川さん、ちょ……っ」

「ああ。それよか、独占欲強すぎて怖がられる方が先か?」

「砂川さーん!」

情けない表情の翔梧に吹き出して、それから思いきり笑いはじめる。

翔梧の会社も、なかなか面白い人がいると思うんだけどねー?

それは、本当に月明かりの綺麗な夜だった。