「一人で待っているのは嫌」

「帰りは待ち合わせ……って、絶対お前の方が早そうだ」

切り返されて考える。

「そっかなー。そうかも。マーケティング企画課の課長って大変そう。私はたまに飛び込みで無茶言われてバタバタするくらいだし」

「会社の飲み会には誘えねーけど、砂川さんに無理矢理の時は助けに来い」

真面目に言われて小さく吹き出した。

一応、色々と考えてくれているらしい。

ひょいっと鍵に指をかけると、翔梧は瞬きして鍵からゆっくりと指を離す。

「いいのか?」

「いいんじゃないかな。何をいいのか聞いてるかわかんないけど。嫌な思い出も、そのうち無くなるくらい一緒にいれば何か変わると思うし」

銀色の鍵は、以前にもらったものよりちょっとゴツイかな。

なんのキーホルダーつけようか。考えていたら、じっと見下ろしている翔梧に気がついた。

「何?」

「……俺は、新聞受けに入ってなければいい」

「……あ、そう」

それが、翔梧の“嫌な思い出”なのかな?

微笑みながら考えて、鍵を握りしめると、その拳のままで翔梧の胸をトンと叩く。

「どこかでお酒に飲まれて寝てないでよ?」

「だから、砂川さんの時には助けにきてくれ。あの人、酒豪過ぎるんだ」

「そうなんだ。まぁ、挨拶にもいかなくちゃね」

「ああ……そんなことも……」

言いながら翔梧は絶句して、それから目を丸くした。

「挨拶に……行くつもりか?」

「え。だって、しに来いって言ってたじゃない?」

にこりと微笑むと、いきなり抱き締められた。

「ちょ……っ! こんなところで」

「情けないけど、今、顔見られたくない」

「情けない顔してるの?」

「少し……」

なら、仕方ないか。私もきっと顔赤いだろうし。