さて。どんな反応するかな?

翔梧は最初ポカンとして。それからまじまじと私を見て……。

理解した気配が表情に浮かび、それから無言で私を抱き締めた。

「本当に?」

「わかんないけど、たぶん?」

「たぶん?」

「うちの主任の奥さん、うちの会社のお医者様だから、いい病院紹介してもらおうかなーって。それでハッキリしてから教えよーかなーって、思ってたんだけどねー?」

翔梧がこんなだと、まず隠しておくのは無理だよねー。

「とりあえず検査薬はバッチリ。だけど、やっぱりちゃんと診てもらった方が安心かな……と」

思ったわけなんだけど?

急に立ち上がった翔梧にしがみついて、瞬きしている間に寝室に連れていかれた。

「安静にしてないとだめだろ?」

「あのね。妊娠は病気じゃないし、動けるときは動いておかないと……」

「明日、砂川さんにいろいろ聞いてくるから、とりあえず寝て……」

じっと見つめる私に気がついて、翔梧が口を閉じた。

「何だよ?」

「翔梧。大切にすることと、過保護にすることは別だからね?」

言った瞬間に、彼の顔が真っ赤になった。


うちの旦那さまは、少しだけ困った人だと思う。










2015年10/9 完結。

この作品のキーワード
オフィスラブ  再会  元カレ  課長  秘書