美月がオフィスのフロアに入って来るなり、言った。


「森谷さんに、連絡取ってますか?」


「まだです」
というか、連絡先知らないし。


「じゃあ、それ貸して」

美月はデスクの上から、私の携帯を取り上げると、自分の携帯を見ながら番号を打ち込んだ。


しばらくして、折り返し電話が掛かかってきた。
私の携帯のボタンを押し、美月が無言で出る。
ちょっと、それ、私のなんですけど。


「もしもし?」


「森谷さん?そう、これ、麻結の電話だから、登録しといて。いえ、どういたしまして」


「ちょっと美月?」

私は、美月から電話を取ろうとする。
腕でブロックされて、何も出来ない。


美月が、ちらっと顔をこっちに向けて、
あっち行ってと私を追い払う。


「ん?何でもない。そうだ。森谷さん、
メールで送った通り、今週末、空いてます?
土曜日の夜なら?大丈夫ですか?

了解。